選手向け

Sponsored Links
選手向け

俯瞰した視点。

動き回って流動性を保ち、相手を撹乱することが、フットサルの醍醐味であるように思われがち。
指導者向け

フットボーラーとしての自己研磨。

自分のフットボーラーとしての根幹にあるのは高校3年間で学んだこと。
選手向け

33歳で選手を辞めた理由。

懐かしい写真が出てきました。 現役最後のトレーニング@味スタ。 かれこれ5年前ですかね。笑
指導者向け

”評価”って難しい。

選手は監督からの評価により自分の立ち位置が決まっていくものです。 これは”評価”は自分ではなく他者がするということ。 社会に出て早16年目であるが、この”評価”というものはフットボールの世界だけでなく、生きていく上で付き纏うものです。
選手向け

リスペクト。

自分たちの信念を持ち、突き進む。 逆風が吹いても決して怯まない。
選手向け

スペースの創出。

フットサルは、スペースの創出・占有・利用を繰り返す。
選手向け

スタッツから読み取る”理想のピヴォ像”。

自分がバッファローズの監督に就任した1年目の時にスタッツから読み取る”理想のピヴォ像”を構築した。 それは、 シュート決定率は20%以上。 全体ゴール数の40%以上。
選手向け

自分を成長させる3つの方法

自分が成長することはモチベーション向上に繋がる。 できないことができるようになる。わからないことがわかるようになる。 それを他者から評価してもらったり、自身で体感できることが”成長”なのでしょう。
選手向け

”ピヴォ”の適性とは。

フットサルにおける重要なポジションである”ピヴォ”。 3-1システムではピヴォの質によってゲーム構造に大きな影響を及ぼす。 競技レベルが上がれば上がるほど、誰でもできるというポジションではなくなる。 そんなピヴォの適性として以下3点を紹介したい。
選手向け

vol.4 選手に聞いてみた。- 岡村 康平 –

忘れさられたこの企画。実は継続していました。笑 今回で4回目となります。 ちなみに前回はこんな感じでした。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました