選手向け

Sponsored Links
選手向け

下部組織からトップチームに昇格した選手の特徴。

過去、多くの選手が下部組織からトップチームへ昇格してきた。 その選手たちの顔ぶれを見たときに共通している特徴が見えてくる。 今回はその特徴について触れていきたいと思います。
選手向け

自分にベクトルを向けること。

技術、戦術、フィジカル、心理といった要素でどう頑張っても太刀打ちできない相手はいるだろう。
選手向け

”自身”の変化を”自信”へ。

自身の変化を感じることができるとモチベーションが高まります。 例えば、技術。 小学生で言うならば、リフティングが10回しかできないのがトレーニングを重ねることで50回できるようになったらこの人の心理はどうなるでしょう?
選手向け

パーソナリティ。

チームの雰囲気は選手一人一人が構成する。 その中で、チームにプレー以外で影響力を与えることができる選手は貴重だ。 その選手がいることでチームの状況は全く異なるものになる。 言わばチームの”モチベーター”的な存在。
選手向け

ネガティブなとき。”振る舞い”がチームに及ぼす影響。

誰しもうまくいかないときはある。 全てがうまくいくことなど人生においてないでしょう。 そうやってうまくいかないときにネガティブな”振る舞い”をしてしまうとチームにも影響及ぼします。
選手向け

長くチームを牽引すること。

チームを長い期間牽引することは世間一般的にポジティブに捉えられることが多いように思う。 チームの顔として戦い続ける。 それは月日が長ければ長いほどクラブの象徴となるような選手になっていく。
選手向け

フットサルのゲーム強度とは。

フットサルは交代自由だからこそ、コート内の強度は常に高いものとなる傾向が強い。 実際、どのような強度なのか。 選手が知っておくことも重要かと思いますので、簡単に紹介しようと思います。
選手向け

最後は技術。

緊迫した接戦の試合だとどちらに勝利が転ぶかわからない。 「最後は気持ちで勝った方が勝利を手にする」 というニュアンスを決まり文句のように聞くことがある。
選手向け

vol.3 選手(コーチ)に聞いてみた。 – 金川 武司 –

選手とコミュニケーションを図り、考えていることを色々と引き出すこの企画。 何だかんだで第3回目。
選手向け

商売道具。シューズにこだわり持ってますか?

選手としての商売道具はやはり”シューズ”。皆さん、こだわりありますか?デザインがカッコいいから。有名選手が履いているから。安くてお手頃だから。近年では、バレーボールシューズやハンドボールシューズなどフットサル以外のシューズを愛用す...
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました