指導者向け

トゥーキック。育成年代で習得させたい技術の1つ。

トゥーキック。フットサルでは頻繁に活用されるシュート技術の1つ。これを巧みに扱える日本人選手は少ないように感じる。 最小限のモーションから爆発的な力を発揮し、そのためゴレイロのタイミングを外すことに長けているキック。つまり、...
活動日記

オフの過ごし方。

チームには必ずオフ(休み)がある。 自分はオフをオフとして過ごすと、不安になってしまうタイプでした。 ただでさえ、巧いタイプの選手ではなかったので、オフの日に差を縮めるチャンスと捉え、走り込むことと個人技術にフォーカスしてトレーニングしていました。
活動日記

考えるスポーツ。

フットサルは"考えるスポーツ"だと思います。 どうすればゴールを奪えるか。 どうすればボールを奪えるか。
活動日記

フットサルにおける育成年代の所属人数は?

フットサル少年 フットサルってそもそもサッカーより競技人数が少ないから所属する選手もサッカーより少ないの? じみぃ そうだね!基本的にはサッカーより少ない所属人数で運営しているクラブがほとんどだよ!今回は育成年代に絞って状...
活動日記

成長の夏。

朝練でインドアとは言え、夏真っ只中。 止まらぬ汗をモップで拭くのもこの時期の風物詩。笑 暑さにやっと慣れてきたことで、コート内の強度は徐々に高まっています。 関東リーグ延期により、一旦中断していたフィジカルトレー...
活動日記

全力で笑わす。

ットサルはもちろん全力で。 でも、仲間を笑わすのにも全力な彼ら。 これはフウガの伝統でもあるように感じます。笑
活動日記

メンタルトレーニング。

フットサルにおいて、技術、戦術、フィジカル、メンタルは4つの柱だと捉えています。 そのうち一番触れることのできないものがメンタルだと認識しています。
活動日記

客観的に振り返る。

自分のプレーを客観的に振り返ることはとても重要。 自分が思っているのと実際は異なっていることがよくある。 フォームの悪さであったり、ポジションの悪さであったり、自分が認識している状況とかけ離れていることが、客観的に映像を振り返るとよくわかる。
活動日記

若者の感情離れ。

本来感情は自然と出てくるものである。 嬉しいときに跳び跳ねて喜び、悲しいときは涙を流し、悔しいときは唇を噛み締める。
活動日記

絶対に負けられない戦い。

本日、今季2度目の"絶対に負けられない戦い"となる紅白戦。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました