Sponsored Links
指導者向け

フットボールにおける”基礎”ってなぁに?

何事にも”基礎”と言われるものはある。 その”基礎”となる上にあらゆるものが積み重なっていく。 どう定めるかで積み重ね方も異なってくる。
選手向け

長くチームを牽引すること。

チームを長い期間牽引することは世間一般的にポジティブに捉えられることが多いように思う。 チームの顔として戦い続ける。 それは月日が長ければ長いほどクラブの象徴となるような選手になっていく。
業界

もし、公式戦が屋内で開催できない場合の代替案。

欧州サッカーリーグは徐々に再開を始めている。 屋外についてはある程度緩和の流れが出てきているが、屋内スポーツに関しては以前厳しい状況が続いている。
活動日記

謎の男、現る。とりあえずスポンサーになってもらった件。

Twitterを運用していて何か面白いことはないかと色々と模索していたところ、とある男と出会いました。
活動日記

勝利とは中毒性があるもの。

試合に勝利することは指導者として何よりも喜ばしいこと。 そしてそれが重要な試合であればあるほどその喜びは倍増する。 この勝利する喜びには中毒性が強い。笑 何度でも味わいたいものである。
活動日記

木製の猛牛。

バッファローズは毎試合必ず”木製の猛牛”がベンチにいます。 これは、TOPチーム須賀監督から授かったものになります。 一種のお守りのようなものです。
活動日記

コート内における監督と選手の関係。

監督と選手の関係は非常にナイーブなものだと認識している。 選手は監督から信頼を勝ち取りたいと思っていることだろう。 しかし、監督も同様に選手から信頼を勝ち取りたいと思っている。 それができるとチームマネジメントがスムーズに進むからだ。
活動日記

最近気づいた。シュートにおける”距離”の重要性。

シュートの3要素と言われる「コース・強さ・タイミング」。 この3要素のうち2つが揃うとゴールは生まれると言われています。 それに加え個人的に気になっていたのは「距離」の概念。 ゴールまでの距離、ゴレイロとまでの距離によって、3要素でフォーカスするものが変わってくるかと思います。
活動日記

プランニングの蓄積。

トレーニングを行う前日にはメニューをプランニングするようにしています。 当日は、選手のコンディション、参加状況によって微修正を行う余白を残しています。
活動日記

成長できるかどうかは自分次第。

若い選手が中心となるチーム。 18歳〜23歳という同年代で集まった選手たちは例年以上の一体感を感じる。 若いからこそ伸び代が計り知れない。 1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年で見違えるように成長する。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました