活動日記

– 続 – トップチームとの実力差ってどこにあるの?

今シーズンは定期的にトップチームを観る時間を設けています。 近くで見れば、明らかになる下部組織選手たちの差。 技術、戦術、フィジカル、メンタル。 全てにおいてハイレベルであるからこそ、トップチームなのだと改めて感じています。
活動日記

選手たちだけの時間。

選手たちだけの時間も必要なのかもしれない。 日頃から選手を厳しく管理しているわけではないですが、指導者がいることでデメリットに働くことも少なからずあるはず。
指導者向け

教え込むこと、導くこと。

よくスポーツ心理学の領域でよく言われていること。 「教えられたものは覚えているか忘れるかどっちかだが、自分で掴んだものは一生忘れない」 これはフットサルにも通じる。
活動日記

同年代のメリット。

フットサル少年 年齢が上の人って気を遣うよなー。年齢が下の人って会話が合うか不安だよなー。 じみぃ 年齢に差があると何かと障害がありそうですね。同年代だとその障害も軽減されるのかも。 今季は最年少と最年長の差は5歳...
活動日記

譲れない戦い。

久しぶりに熱い試合を観ました。 互いに譲れない戦い。 チーム内における紅白戦。 30分ランニング×2本。
活動日記

歓喜の瞬間も自粛!?

コロナの影響により、歓喜の瞬間を自粛しないといけないのか。 コート内でもベンチでも、ハイタッチ無し、ハグ無し、大きな声無し、、、。
活動日記

ストレスとの関わり。

チームトレーニングにおいて選手は様々なストレスと戦っている。 サッカーを専門に行ってきた選手たちは、初めにフットサルの専門技術、戦術を理解するところから始まり、グループ戦術、チーム戦術、セットプレーなどインプットしなくてはいけないものが多岐にわたる。
活動日記

初夏の第一関門。

活動再開から3週間。 ここまで順調にチームトレーニングを重ねてきています。 徐々に怪我も出始めると想定しており、長期離脱でない限りは慌てる必要はないと考えています。
指導者向け

タイムマネジメントの重要性。

タイムマネジメント(時間を管理すること)はとても重要である。 個人的には、トレーニングで選手の再現性が高いとき、また再現性が低いときにそのトレーニングは予定よりも時間が長くなる傾向がある。
活動日記

チーム運営における計画性。行き当たりばったりにならないように。

チーム運営は計画が重要。 行き当たりばったりになってはいけない。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました