Sponsored Links
活動日記

フットサルの可能性。必ず這い上がる。

フットサルは魅力がある。スピーディな展開、アグレッシブな攻防、感情が爆発する決定機、コートの温度感を近くで味わえる臨場感。多くの魅力がコートに溢れている。当事者だからこそ魅力がわかるが、一般の方にはわからない。これをいかに訴求する...
活動日記

オフシーズンの在り方。

チームはオフシーズンに入りました。このオフシーズンをどのように過ごすかは選手に委ねています。まずはゆっくり気持ちと体をリセットする作業を入れることはオーダーしました。週5回、ときに6回の活動。トレーニング、トレーニングマッチ、公式...
活動日記

シーズン終了。来季に向けてのスタート。

全日程終了 昨日のトレーニングをもって、今季の日程が全て終了しました。 監督3年目のシーズンは過去経験したことが無いような困難ばかりでした。 試合では、FP7人、ゴレイロ不在で臨んだこともありました。 トレ...
指導者向け

切磋琢磨。お互いが競争し高め合う関係の重要性。

切磋琢磨し合う関係。これは非常に重要です。一人だけでは成長に限界があります。共に励まし合い、高め合う関係があることで、一人よりも成長を促すことが可能となります。試合に出場できないからこそ、よりトレーニングに励まなくてはいけません。...
活動日記

分かち合う。

チームが良いときも悪いときもいつも背中を押してくれる。 関東リーグで会場が遠かろうが、必ず応援してくれる人たちがいた。 トップチームでも我々にとって当たり前のことではない。 我々にとってトップチームがそうであるよ...
指導者向け

一体感とは。感情のベクトルを揃えるために必要な2つのこと。

強いチームに共通していること ”一体感”を持ったチームは強い。そんなことがよく言われています。一体感とはどのような状態なのか。チームスポーツだからこそ、叫ばれる言葉。複数人がバラバラの状態であると、力が分散してしまいます。そ...
活動日記

今季の過ち。ピークの作り方 。

今季のトレーニングも残すところ3回。 そんな時期に関わらずチームとしてピークを迎えているように思います。 選手のコンディション、チームとしての成熟度、技術・戦術の再現性の高さ。 毎年チームのピークをもう1ヶ月くら...
選手向け

フットボールは人生の教科書。ー サイドバック編 ー

フットボールは様々なことを教えてくれる。まるで生きるための教科書のように。様々な場面でフットボールから学んだことが活かされる。このブログを読んでいただいてる皆さんの多くの方がフットボールを経験してきている方でしょう。 ”あ...
活動日記

個人としての形。基礎があっての”型破り”。

フットボールには基礎がある 個人において、ボールの置き所、軸足の位置、ミートポイントなど様々である。ただ基礎となる部分は、選手が幼少期から必ず学んできています。常にボールを触れる場所にボールを置き、軸足はボールの横につけ、ボ...
選手向け

フットサル選手におけるセカンドキャリア。考えられる3つの選択肢。

アスリートに必ず訪れるセカンドキャリア。ファーストキャリアが充実していても人生の大半を占めるセカンドキャリアの充実が重要です。”デュアルキャリア”が叫ばれる中、フットサル選手のセカンドキャリアはどのような可能性があるのでしょうか。...
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました