活動日記

頂きへの挑戦。

競技として取り組むからには、常に頂点を目指して取り組んでいきたい。 そのリーグで優勝するには、リーグ内で”何かが一番”でなければならない。 優勝するには必ず理由があるはず。
活動日記

クラブとの関わりは多岐に渡る。

選手は、選手として専念する環境を整えている。 もちろんプロではないので限界はあります。 それでも、トレーニングする会場があり、筋力トレーニングをする場所があり、それをサポートしてくれるトレーナーがいて、事務方を支えるマネージャーがいる。 そしてチームを俯瞰する監督がいる。
活動日記

3年間で世界は変わる。

若い選手は、1年間だけで目まぐるしく成長する。 ましてや1ヶ月ですら見違える選手も出てくる。 それは、若いからこそ、多くのものを吸収して、失敗を恐れずチャレンジすることができるからだろう。
活動日記

社会経験に紐づく”逞しい精神”。

若い選手は、単純に人生経験が浅いからこそ、様々な分野での経験が少ない。 自分に置き換えてみる。 社会に出て15年もすれば、理不尽なことや非常識なことを多く経験するものだ。 人生のドン底も最高の瞬間も経験している。
活動日記

関東リーグ延期。それでも成長はできる。

関東リーグが延期となり、いつ開幕するか不安の中で活動を続けています。 関東リーグを優勝して1部へ昇格することが、目標であることは変わりませんが、”選手として成長し続けること”が最大の目的です。
指導者向け

”基準”をどこに置くか。

自分が目指す場所をどこに置くか。 その”基準”はとても大切です。 「チーム内でメンバー入りしたい」 「トップチームに昇格したい」 「トップチームで試合に出たい」 「日本代表に選ばれたい」 「海外トップクラブで活躍したい」
活動日記

課題ではなく”伸び代”。

球際を強く! 気持ちで負けるな! とよく言うものの、それだけで勝てたら苦労ないですよね。
活動日記

結果と内容。

トレーニングやトレーニングマッチにおいて追求するのは、結果と内容。 公式戦は結果の比重は大きくなる。 トレーニングやトレーニングマッチにおいて、良い結果は何よりもチームとしての自信に繋がる。 そして、良い内容は個人としての自信に繋がる。
活動日記

“準備”の重要性を感じる日々。

何事にも準備は大切だと感じる日々。 若いからこそ、体のケアを疎かにする傾向は強い。
活動日記

昭和的な考えで”調和”を図る。

新加入選手も徐々に馴染んできた様子。 これからさらにコミュニケーションは活性化するはずです。 新加入選手と既存選手で”調和”を図っていくことは大切なことです。 それはコミュニケーションを取るということだけではありません。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました