選手向け

Sponsored Links
選手向け

長くチームを牽引すること。

チームを長い期間牽引することは世間一般的にポジティブに捉えられることが多いように思う。 チームの顔として戦い続ける。 それは月日が長ければ長いほどクラブの象徴となるような選手になっていく。
選手向け

フットサルのゲーム強度とは。

フットサルは交代自由だからこそ、コート内の強度は常に高いものとなる傾向が強い。 実際、どのような強度なのか。 選手が知っておくことも重要かと思いますので、簡単に紹介しようと思います。
選手向け

最後は技術。

緊迫した接戦の試合だとどちらに勝利が転ぶかわからない。 「最後は気持ちで勝った方が勝利を手にする」 というニュアンスを決まり文句のように聞くことがある。
選手向け

vol.3 選手(コーチ)に聞いてみた。 – 金川 武司 –

選手とコミュニケーションを図り、考えていることを色々と引き出すこの企画。 何だかんだで第3回目。
選手向け

商売道具。シューズにこだわり持ってますか?

選手としての商売道具はやはり”シューズ”。皆さん、こだわりありますか?デザインがカッコいいから。有名選手が履いているから。安くてお手頃だから。近年では、バレーボールシューズやハンドボールシューズなどフットサル以外のシューズを愛用す...
選手向け

フットサルの競技特性から考える。左利きの価値とは。

フットサルの競技特性 スペースと時間が限られているからこそ、広範囲かつ緻密に状況を把握し、的確なタイミングで、的確な技術を発揮することが求められます。的確な技術を発揮できるということは、認知・決断を活性化させることにも繋がり...
選手向け

5人以上で戦うスポーツ。

フットサルはゴレイロ1人、フィールドプレーヤー4人の合わせて5人で行うスポーツです。 しかし、5人だけで戦うわけではありません。
選手向け

vol.2 選手に質問してみた。- 村上 拓也 –

選手とコミュニケーションを図り、考えていることを色々と引き出すこの企画。 何とか第2回目。笑 同年代の選手たちにも何かの参考になれば幸いです。
選手向け

守備の砦?攻撃の起点?ゴレイロに求めるもの。

サッカーのキーパーと異なり、フットサルのゴレイロは、1試合における被シュート数が非常に多い。 自分は現役時代、1試合92本のシュートを打たれた試合がありました。
選手向け

3−1システムの肝。ピヴォの役割と効果。

フットサルにおけるシステムは切っても切り離せないもの。 3−1?4−0?2−2? どのようなシステムを用いて、どのような効果を求めるかは監督の指導次第でしょう。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました