選手向け

選手向け

フットサルの競技特性から考える。左利きの価値とは。

フットサルの競技特性 スペースと時間が限られているからこそ、広範囲かつ緻密に状況を把握し、的確なタイミングで、的確な技術を発揮することが求められます。的確な技術を発揮できるということは、認知・決断を活性化させることにも繋がり...
選手向け

5人以上で戦うスポーツ。

フットサルはゴレイロ1人、フィールドプレーヤー4人の合わせて5人で行うスポーツです。 しかし、5人だけで戦うわけではありません。
選手向け

vol.2 選手に質問してみた。- 村上 拓也 –

選手とコミュニケーションを図り、考えていることを色々と引き出すこの企画。 何とか第2回目。笑 同年代の選手たちにも何かの参考になれば幸いです。
選手向け

守備の砦?攻撃の起点?ゴレイロに求めるもの。

サッカーのキーパーと異なり、フットサルのゴレイロは、1試合における被シュート数が非常に多い。 自分は現役時代、1試合92本のシュートを打たれた試合がありました。
選手向け

3−1システムの肝。ピヴォの役割と効果。

フットサルにおけるシステムは切っても切り離せないもの。 3−1?4−0?2−2? どのようなシステムを用いて、どのような効果を求めるかは監督の指導次第でしょう。
選手向け

夢中になるものありますか?夢中なものを持つことの3つの利点。

何か夢中になっているものはありますか?夢があるか?ということに繋がるのかもしれません。自身は、サッカーで育ち、フットサルの魅力にハマり、フットボール中心に育ってきた人生です。フットボール無くして自分の人生を語ることはできません。フ...
選手向け

vol.1 選手に質問してみた。- 平井雅大 –

選手とのコミュニケーションツールとして、色々と質問をしてみようと思い、気まぐれで始めた企画。年間かけて全選手とできるようにしていきます。選手としてフットサルに夢中になっている同年代の選手たちにも何かの参考になれば幸いです。と言いな...
選手向け

”強み”。見つけ出すための3つのポイント。

自身における”強み”とは何だろうか。 フットボールだけに限らず、仕事においても言えることですが、”強み”を持っている人は”自信”が持てます。
選手向け

逆境を力に。乗り越えるための3つのポイント。

誰しも逆境を感じる瞬間があるだろう。 【逆境】 物事がうまくゆかず、苦労の多い身の上。不遇な境遇。逆境 そういった逆境をどのように乗り越えるべきだろうか。そのあたりを考えたいと思います。 フットサル少年 怪我して...
選手向け

ポジティブとネガティブな時期をどう捉えるか。選手が意識したい重要な2つの視点。

必ず訪れる”ポジティブ”と”ネガティブ”な期間 うまくいっている時ほど課題に目を向けるべきだ。うまくいっているここでは”ポジティブターム”と呼ぶことにします。逆に壁にぶつかる時期を”ネガティブターム”と呼ぶことにします。うま...
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました