指導者向け

Sponsored Links
指導者向け

経験以上のこと。

指導者は学び続けなくてはならない。 学び続けなければ淘汰されてしまうと思ってます。
指導者向け

指導者としての3つの形態。

現代においてサッカー・フットサル指導者として活躍している人が様々います。 ただ、その形態も多種多様です。 もし、今、指導者を志す人がいれば自分に適した形態を選定することをオススメします。
指導者向け

選手のパフォーマンスを引き出す3つの方法。

若い選手ほど想像できないほどの可能性を持っている。 そんな選手たちのパフォーマンスを最大限引き出すには現代の社会的環境を考慮したアプローチが指導者として求められると思っています。
指導者向け

フットサルトレーニングの構成。

今回は競技フットサルにおけるトレーニング構成を簡単に紹介します。 実際に自分が行っている内容になります。
指導者向け

それぞれに与えられる役割

それぞれのポジションにそれぞれの役割があり、その求められる役割は各チームによって異なるものでしょう。 3 - 1システムの場合、ピヴォ・アラ・フィクソの3つのポジションがあります。
指導者向け

作戦ボード。

1日の中で作戦ボードを眺める時間は長いです。 様々なことを考えながら作戦ボードと向き合う時間が実はとても楽しかったりしています。
指導者向け

新生フットサル日本代表。

明日から新生フットサル日本代表の活動がスタートします。 ここに自分が関わったクラブから1人も輩出されていないことに悔しさと責任を感じています。
指導者向け

“1vs1″が全てじゃない。

サッカーより狭いコートで行うフットサルは、その分相手との距離が近くなるのは必然です。 そうすると自然と”1vs1”の場面が多くなります。
指導者向け

学ぶべきことが多い時間。

なんやかんやで蹴り始めて2年半くらいになります。 引退してボールを蹴る機会が全くなかった自分が楽しんでボールを蹴ることができる場所です。 そして、巧くてフットサルを熟知している人たちなので学ぶべきことが多い時間でもあります。
指導者向け

フットボーラーとしての自己研磨。

自分のフットボーラーとしての根幹にあるのは高校3年間で学んだこと。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました