指導者向け

Sponsored Links
指導者向け

サッカーとフットサル。

サッカーとフットサルはよく対比されるスポーツ。 サッカーに取り組むことでフットサルに与える影響があり、フットサルに取り組むことでサッカーに与える影響がある。
指導者向け

ジョブズに影響を受けて。

常に貪欲に、常識に捉われない生き方をしていきたい。 そんなことをいつも考えています。 時代の変化に適応しながら、自分がやりたいことを最大化していく。
指導者向け

人と違うことが”挑戦”

人と異なることに取り組むことは不安になるだろう。 周りと同じだからこそ安心するもの。 "赤信号 みんなで 渡れば 怖くない" そんな言葉が出回るあたり日本人らしいのかもしれない。
指導者向け

監督という立場の難しさ。

監督という仕事は、華やかなものでもない。 年代にもよるが多くの責任を担う立場である。 特に以下2点はどの年代でも顕著である。
指導者向け

幼稚園生が初めてボールを蹴るときのように。

誰しも子供の頃は、無我夢中でゴールを目指していたもの。 ”自分とボール”の関係から次に認識したのは”自分と相手”になった人がほとんど。 ”自分と味方”はその次に来るのではないか。
指導者向け

トレーニングにおける4つの意図。

自分の中でトレーニングの意図を4つに分けています。 (最近、3つから4つにブラッシュアップしました。)
指導者向け

誰一人として見捨てたりはしない。

誰かを肯定すれば、誰かを否定しているように捉われるのが監督という立場。 誰かをメンバーに入れれば、誰かがメンバーから外れる。 それはチームスポーツである以上、必然のことでしょう。
指導者向け

フットサルボールをどう蹴るか。

サッカーボールとフットサルボールは性質が異なる。 5号球と4号球と大きさだけでなく、フットサルボールはローバウンドボールとなり、弾みにくい性質になっています。
指導者向け

トゥーキック。育成年代で習得させたい技術の1つ。

トゥーキック。フットサルでは頻繁に活用されるシュート技術の1つ。これを巧みに扱える日本人選手は少ないように感じる。 最小限のモーションから爆発的な力を発揮し、そのためゴレイロのタイミングを外すことに長けているキック。つまり、...
指導者向け

”基準”をどこに置くか。

自分が目指す場所をどこに置くか。 その”基準”はとても大切です。 「チーム内でメンバー入りしたい」 「トップチームに昇格したい」 「トップチームで試合に出たい」 「日本代表に選ばれたい」 「海外トップクラブで活躍したい」
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました