指導者向け

Sponsored Links
指導者向け

作戦ボード。

1日の中で作戦ボードを眺める時間は長いです。 様々なことを考えながら作戦ボードと向き合う時間が実はとても楽しかったりしています。
指導者向け

新生フットサル日本代表。

明日から新生フットサル日本代表の活動がスタートします。 ここに自分が関わったクラブから1人も輩出されていないことに悔しさと責任を感じています。
指導者向け

“1vs1″が全てじゃない。

サッカーより狭いコートで行うフットサルは、その分相手との距離が近くなるのは必然です。 そうすると自然と”1vs1”の場面が多くなります。
指導者向け

学ぶべきことが多い時間。

なんやかんやで蹴り始めて2年半くらいになります。 引退してボールを蹴る機会が全くなかった自分が楽しんでボールを蹴ることができる場所です。 そして、巧くてフットサルを熟知している人たちなので学ぶべきことが多い時間でもあります。
指導者向け

フットボーラーとしての自己研磨。

自分のフットボーラーとしての根幹にあるのは高校3年間で学んだこと。
指導者向け

明日のことなどわからない。

指導者として、日々葛藤している。 悩み、もがき苦しみ、正解なき正解を追い求めている。
指導者向け

”評価”って難しい。

選手は監督からの評価により自分の立ち位置が決まっていくものです。 これは”評価”は自分ではなく他者がするということ。 社会に出て早16年目であるが、この”評価”というものはフットボールの世界だけでなく、生きていく上で付き纏うものです。
指導者向け

苦手なものに目を向ける。

毎日読書する時間を10分でもいいから設けるようにしている。 今更ながら、【サッカーとは何か 林舞輝】を読み始めた。
指導者向け

“やりたい”に導くこと。

ワールドカップのハイライトを育成年代の選手たちに毎日送っている。
指導者向け

選手もそれぞれ。監督もそれぞれ。

選手には個性があって、人それぞれ。 それがうまく融合してチームとして機能する瞬間が見ていてワクワクします。 どこに配置して、誰と連携して、何を求めるか。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました