指導者向け

Sponsored Links
指導者向け

フットボーラーとしての自己研磨。

自分のフットボーラーとしての根幹にあるのは高校3年間で学んだこと。
指導者向け

明日のことなどわからない。

指導者として、日々葛藤している。 悩み、もがき苦しみ、正解なき正解を追い求めている。
指導者向け

”評価”って難しい。

選手は監督からの評価により自分の立ち位置が決まっていくものです。 これは”評価”は自分ではなく他者がするということ。 社会に出て早16年目であるが、この”評価”というものはフットボールの世界だけでなく、生きていく上で付き纏うものです。
指導者向け

苦手なものに目を向ける。

毎日読書する時間を10分でもいいから設けるようにしている。 今更ながら、【サッカーとは何か 林舞輝】を読み始めた。
指導者向け

“やりたい”に導くこと。

ワールドカップのハイライトを育成年代の選手たちに毎日送っている。
指導者向け

選手もそれぞれ。監督もそれぞれ。

選手には個性があって、人それぞれ。 それがうまく融合してチームとして機能する瞬間が見ていてワクワクします。 どこに配置して、誰と連携して、何を求めるか。
指導者向け

オンラインだと獲得するのが難しい領域。

先日、フットサルW杯を目前にタイ代表監督を解任されたプルピス氏。
指導者向け

指導者のコンディショニング。

今回は、自分のコンディショニングの話。選手同様、指導者もコンディションは非常に重要ですよね。パフォーマンスに影響することは選手と同じです。今季は夜型の生活になっているので、コロナも影響して今まで以上にコンディションに意識を向けてい...
指導者向け

”師”となる存在。

ハビエル・ロサーノ。 仕事でかれこれ15年くらいのお付き合いになるだろうか。
指導者向け

”ロボット化”論争。

フットサルという競技は再現性が非常に高い。だから攻撃、守備における”基準”づくりは非常に重要だと思っています。その基準に則って、”サインプレー”を多く利用するのが主流になっているように思います。例えば、Aという状況の時に相手がマン...
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました