トップチームとの実力差ってどこにあるの?

トップチームに1人でも多くの選手が昇格し活躍することは指導者としてのモチベーションです。

そこでトップチームとの実力差はどこにあるのか?
これは日々探求しているものです。

先日はそんなことに気付かせてもらえるトレーニングでした。

チーム活動を再開し始めてまだ1週間も経っていない状況。
トレーニングは技術的なものが多く、ほぼ対人トレーニングは行なっていません。

同時にトップチームも活動を再開しており、同様に対人トレーニングは行なっていません。

純粋な技術トレーニングの中でトップ、バッファローズを見比べたときに圧倒的な差はそこにはありませんでした。

ただ、それが試合では大きな差として現れてくる。

ではどこにその差が生まれるのか。

個人的な見解としては、その技術を「いつ・どこで・誰が・どのように」発揮するかという部分で大きな差を生み出してるのではないかと考えています。

これは要するに戦術のクオリティということになるのかもしれません。

ではそれをどのように高めていくか。
それが今、自分に突きつけられた大きなタスクだと認識しています。

その差を埋めることができたとき、バッファローズから多くの選手たちがトップチームで活躍するようになるのでしょう。

必死にその差を埋めていく方法を模索していきます。


地味に頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました