活動日記

活動日記

帰ってきたホームアリーナ。

7月より墨田区総合体育館での夜トレーニングが再開されました。
活動日記

無観客試合。自分たちにできることとは。

先日、関東フットサル連盟より当面関東リーグは無観客で開催されることが決まりました。
活動日記

どう分析して、何に取り組むか。

久しぶりの対外試合となるTM。 昨季からの課題に対して、トレーニングを積んできて臨んだ一戦。 ある程度の成果を獲得できたと評価しています。
活動日記

自分自身にベクトルを。

他人は関係ない。 自分自身にベクトルをしっかり向けることが大切な時期。
活動日記

成長する選手。

やるべきことをやり続ける選手は、成長する。 この考えは、若い選手たちだからこそ活性化される。
活動日記

関東リーグスケジュール。

コロナウィルスの影響で通常よりも1ヶ月以上遅れての開催となります。 組み合わせにより、凝縮されたスケジュールになっています。
活動日記

心を鬼にして。

今週から強度を1つ上げています。 自粛明けから1ヶ月が経ち、徐々にコンディションも戻りつつあります。 怪我のリスクを回避するフェーズから強度を高めるフェーズに移行したと認識しています。
活動日記

監督就任4年目。

監督就任から4年目。 4年間とは、ワールドカップ、オリンピックといった世界大会における周期でもある。 また大学生の在籍期間でもある。 若い選手たちの1つの区切りとして4年間は1つの指標として個人的には持っています。 だからこそ、今季は集大成の意味もあるように感じています。
活動日記

フィジカルテスト。自分の現在地の確認。

毎年、トップチームから下部組織まで含めて共通のフィジカルテストを実施しています。
活動日記

– 続 – トップチームとの実力差ってどこにあるの?

今シーズンは定期的にトップチームを観る時間を設けています。 近くで見れば、明らかになる下部組織選手たちの差。 技術、戦術、フィジカル、メンタル。 全てにおいてハイレベルであるからこそ、トップチームなのだと改めて感じています。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました