活動日記

Sponsored Links
活動日記

育成年代におけるプレーモデルを浸透させる中で考慮すべきこと。

あなたが監督になるとチームはどんなフットサルを展開しますか?そんな質問をしてすぐに応えることができる監督はしっかりと自身の理想のモデルを持っているのだと思います。集まった選手によりますよね。相手のシステムによりますよね。などという...
活動日記

本来あるべき姿。サテライトという正しい立場。

今季は登録メンバーは20.0歳。 セットによっては10代だけになることもあり得ます。もう驚くこともなくなりました。
活動日記

自身の理想のフットサル像とは。確立しているか否かで影響するもの。

昨日はトップチームとの合同トレーニングとなりました。トップチームはオフ前の期間。バッファローズはシーズン入りたてのプレシーズン前という状態。
活動日記

シーズンの幕開け。選手から感じ取れたものとは。

長いシーズンの幕開けです。この時期の緊張感漂う感じが好きです。昨年の反省を活かして今季臨んでいます。
活動日記

譲らない気持ち。ボールを保持することの重要性。

1つのボールに対して、どれだけの思いを持ってプレーできているか。 どの場所においてもボールを失うことは、ピンチを招く可能性を秘めているのがフットサルだと認識しています。
活動日記

継続することと新たな刺激。

来季のチーム編成は、多くの選手が1年以上は自分が指導してきています。長い選手で3年一緒に戦ってきている選手もいます。継続することで、自分の指導スタイルの浸透度は高まります。さらに1つ1つの質に磨きがかかってきます。しかし、新たな刺...
活動日記

コロナウィルスという驚異。

全日本フットサル選手権を始めとするあらゆる大会が中止となっている。Jクラブも多くのクラブが活動を休止している。また大手企業などは挙って在宅勤務などの措置を取り始めている。また昨日、政府の発表では3月2日以降全ての小学校、中学校、高...
活動日記

”見える努力”と”見えない努力”。

選手は少なからず努力をしている。その度合いは選手自身によって異なるが、自身の成長、チームの成長のために行なっていることがほとんどであろう。TOPチームに昇格を果たすような選手は、トレーニングに直向きに取り組み、その成果が試合で発揮...
活動日記

最後の一言。試合前に常に意識し続けてきた3つのこと。

選手の気持ちの高ぶりがピークを迎える瞬間ではないだろうか。試合前の円陣はそれぞれの選手の表情、仕草など細かく見ることで、どういった状態であるかを確認する作業でもあります。もちろんアップから選手の動きには目を向けていますが、緊張感が...
活動日記

育成年代の指導者が迷い混む逃げ道とは。

ジュニアユース年代を指導するとどこか"逃げ道"を作ってしまう。 ☑️まだ勝負にこだわらせる年代ではない。 ☑️結果よりも内容だ。 ☑&#xfe...
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました