結果と内容。


トレーニングやトレーニングマッチにおいて追求するのは、結果と内容。
公式戦は結果の比重は大きくなる。

トレーニングやトレーニングマッチにおいて、良い結果は何よりもチームとしての自信に繋がる。
そして、良い内容は個人としての自信に繋がる。

だから、結果も内容も良ければ、チーム&個人の自信に繋がるのだと認識しています。
仮に結果が出なかったとしても、内容が良ければその「良い」部分を形成した各個人が自信を持つでしょう。

ゴールを取れた、ボールを奪えた、フィジカルで負けなかった、強度が高い中走りきれた、など。

どうしても反省をすると課題が先に目がついてしまいます。
それをどうやって改善していくかを念頭に置きすぎて、成果について目がいかないときがあります。

しかし、この良かった結果、内容をしっかり評価してチーム、個人の自信に繋げることは非常に重要です。

若いからこそ、自信を持つと活性化します。

しっかり結果と内容における課題と成果のフィードバックのバランスを配慮していきます。



地味に頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました