フットサルの魅力が詰まった3つの2人組戦術。

フットサルは戦術的なスポーツという印象を持っている方は多いだろう。
実際、2人組で行う戦術行為がフットサルでは非常に重要とされている。

育成年代の保護者の方とコミュニケーションを取らせてもらうと、よく言われているのが「フットサルは個人技術が高まる」という意見です。
決して間違いではありませんが、それと同等に高まる部分が2人組戦術であると認識しております。

今回はその2人組戦術について説明していければと考えています。

本記事の内容

1️⃣ 2人組戦術の重要性がわかる  

2️⃣ 3つの2人組戦術の効果がわかる

2人組戦術は現代フットサルで多く出てきていますが、今回は3つに焦点を絞っていきます。

Sponsored Links

2人組戦術の重要性

フットサルはフィールドプレーヤーが4人で行うスポーツです。
個々だけでプレーすると当然限界があります。

そこでグループでどう目の前を解決していくかを考えます。
1人で解決が困難な場合、次に考えることは2人というわけです。
日頃の生活でも同じでしょう。1人で困難を感じたときに助けを求めるものです。

フットサルの競技特性上、スペースと時間が限られているため個人で問題を解決できる場面は限らており、2人で協同して遂行するプレーが多くなります。

個人的には個人・グループ・チームと戦術を細分化しています。
個人は1人。
グループは2人 or 3人。
チームはフィールドプレーヤー4人 or ゴレイロを含めて5人。

よって今回はグループ戦術という括りの中での2人組における戦術行為となります。

それでは3つの2人組戦術を説明していきます。

ワンツー

2人組戦術の王道でしょう。
サッカーでもよく行われるワンツー。

味方に出したパス(ワン)を、受け手は相手がアタックする前に味方にボールを返し(ツー)守備ラインを前進するプレーです。

この戦術の特徴、効果を整理しておきましょう。

2人を置き去りにする

基本的には、出し手と受け手が存在しており、そこにマークを行う相手が存在しているはずです。
パスを有効に使うことで守備者2人を置き去りにすることが可能となります。

アプローチの無効化

ワンツーを警戒したセカンドディフェンダー(ここでは”ツー”を出す側の守備者)がパスラインを気にすることでボールへアプローチ、アタックすることができなくなります。

イメージ映像

フットサル ワンツー突破 相手を引きつける 二人組みの関係

FUTSAL KOBATAKE

ディアゴナル・パラ

サッカーではあまり聞かない言葉かもしれませんが、フットサルでは2人組戦術の基本となります。
走る軌道が異なりますが、2つで1つのような動きとなります。

サイドラインに対して並行に動くことがパラであり、ボールから斜めに離れながら動くことがディアゴナルとなります。

的確なステップワークを伴うことで効果が上がります。

守備トライアングルの崩壊

1つ目の効果としては、相手の守備トライアングルを崩壊させることが可能です。
相手は、ボール・相手・自分で視野を確保する意味でトライアングルを作り出そうとします。
そこに対して守備ラインを越えて行こうとする動きはこのトライアングルを構成することが困難になります。
よって、マークをしづらくなります。

守備ラインの前進

俗に言うフェイクと異なり、動いたら止まらないのでパスを受けると相手守備ラインを前進していくが可能となります。
またパスのタイミングによっては、前を向いてプレーすることができ、ゴールに結びつける意味で効果的となります。

イメージ映像

フットサル戦術 パラ スペース認知 全体認知 方向転換 緩急

FUTSAL KOBATAKE
ピヴォ当て ピヴォプレー ダイアゴナルラン

FUTSAL KOBATAKE

ブロック

反則との境界線が非常に難しい戦術的行為です。

ボール保持者の守備者に対して味方が動くであろう軌道に立ち、遠回りまたは障壁となるプレーのことを言います。

自分から当たりに行くと反則となる可能性が高くなります。
大切なことはあくまでも守備者の軌道に立ち、ボールへ遠回りをさせることです。

味方に”時間”と”スペース”を創出する

ブロックが決まると、ボール保持者へマークをしていた守備者は容易にアプローチすることができなくなります。
つまり、ボール保持者に技術の実行の”時間”と”スペース”を与えることができます。

状況によっては量的優位を生み出すことも可能となります。

守備者の困惑を誘発

ボール保持者とサポートする選手の距離感が近くなることで、守備者側はどちらに誰がマークするのか一瞬の迷いが生じる場合があります。

マンツーマンでマークを付いていたとしても、マークを受け渡した良い瞬間が生じることで、マークを変えるか、変えないかの決断を守備者側がすることを迫ります。
ここを的確に決断できないとマークは確実に外れてしまいます。

イメージ映像

ブロック 背面ブロック フロート

FUTSAL KOBATAKE
最後に

2人組戦術はフットサルのベースとなるものです。
ここを理解しておくこと、高めることでフットサルのベースアップを図れるでしょう。

またこの2人組戦術にフットサルの魅力が多く詰まっていると認識しています。
個人だけでなくグループで目の前を問題を解決して行くことはフットサルの醍醐味でもあります。

今回は攻撃にフォーカスしていますが、もちろん守備戦術も多く存在しており、そこを理解することはさらにフットサルの魅力を体感することになるでしょう。

POINT

2人組戦術はフットサルの魅力が詰まったベースとなるものである

フットサルの試合を観戦する際にも2人組の関係を少し気にしてみると見え方が変わってきます。
注目してみてください。

以上、お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました