活動日記

木製の猛牛。

バッファローズは毎試合必ず”木製の猛牛”がベンチにいます。 これは、TOPチーム須賀監督から授かったものになります。 一種のお守りのようなものです。
活動日記

コート内における監督と選手の関係。

監督と選手の関係は非常にナイーブなものだと認識している。 選手は監督から信頼を勝ち取りたいと思っていることだろう。 しかし、監督も同様に選手から信頼を勝ち取りたいと思っている。 それができるとチームマネジメントがスムーズに進むからだ。
活動日記

最近気づいた。シュートにおける”距離”の重要性。

シュートの3要素と言われる「コース・強さ・タイミング」。 この3要素のうち2つが揃うとゴールは生まれると言われています。 それに加え個人的に気になっていたのは「距離」の概念。 ゴールまでの距離、ゴレイロとまでの距離によって、3要素でフォーカスするものが変わってくるかと思います。
活動日記

プランニングの蓄積。

トレーニングを行う前日にはメニューをプランニングするようにしています。 当日は、選手のコンディション、参加状況によって微修正を行う余白を残しています。
活動日記

成長できるかどうかは自分次第。

若い選手が中心となるチーム。 18歳〜23歳という同年代で集まった選手たちは例年以上の一体感を感じる。 若いからこそ伸び代が計り知れない。 1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年で見違えるように成長する。
活動日記

常にモチベーターでありたい。

外的要因が左右してモチベーションが高い時もあれば低い時もある。 それに伴いパフォーマンスが高い時もあれば低い時もある。
活動日記

会心の勝利。チームの勝利を喜べるか。

人生に一度は会心の勝利を味わいたいもの。 それは優勝決定戦でも、歴史を塗り替える勝利でも、ジャイアントキリングというわけではない。
活動日記

Zoomしてみた。異業種からの新鮮な視点。

先日、フットボールの指導者、関係者の中にバスケットボール指導者の原田氏を招いて意見交換をZoomで行いました。 異業種と言いつつも同じ指導者になりますが、異なるスポーツからの視点を入れると非常に新鮮でした。
活動日記

クラブについて考える。

昨日は選手全員とオンラインミーティング。 活動に制限がある今だからこそ、もう一度自分たちのクラブについて考える時間を作りました。 この1週間見つめ直す時間にしてもらえればと思います。
活動日記

Zoomを利用して気づいたこと5つ。

コロナウィルスが世界的に蔓延したことにより、注目されたアプリがZoomである。 最初は行政のテレワーク推奨からオンライン会議を行う上で、多くの会社が導入したアプリであるが、現在ではプライベードでも使用する人が増えているという。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました