ストレスとの関わり。


チームトレーニングにおいて選手は様々なストレスと戦っている。

サッカーを専門に行ってきた選手たちは、初めにフットサルの専門技術、戦術を理解するところから始まり、グループ戦術、チーム戦術、セットプレーなどインプットしなくてはいけないものが多岐にわたる。

フットサルを専門に行ってきた選手たちは、そのシーズンごとのチームメイト、監督、コーチングスタッフへの適応が求められる。

これらを数ヶ月かけ、ストレスを解消していくことで楽しめる感覚を持てるようになる。

ただストレスがあるということは成長過程であるということでもある。
ストレスなくトレーニングができるのは良い反面、現状維持になりやすい。
自分の課題を理解して克服することで成長へ繋げることができる。

ストレスのバランスが選手の成長とモチベーションに寄与するということだろう。
うまくコントロールして進めていきたい。



地味に頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました