勝負強いとは。

勝負強いと言われる選手ってよくいますよね。

それがうまく言語化できていない今日この頃です。
そういう選手は果たして何が長けているのか。
そして、どう評価されるべきなのか。

年間数点しか取らないのだが、全てのゴールが非常に価値が高いものであったりする。
第2PKになってゴレイロを変えて見事セーブしてしまう。
セットプレーだけ出てきて見事ゴールを奪う。

勝負強いという印象は人それぞれですが、限られた時間の中で結果を出すことという意味で使われることが多いようにも思います。
みなさんどうでしょう?

でもそうすると勝負強いというポジティブに聞こえがちな言葉がネガティブに働くことにもなる。
つまり限られた時間ということは、多くの時間出場しないとも捉えることができてしまう。

チーム全体の中では、限られた時間の中で結果を出す選手は非常に貴重な選手。
しかし、本人は当然出場時間を長くしたいと思っている。
勝負強い選手と評価するならもっと出してくれと。

フットサルは野球でいうDHのように攻撃だけで良い選手はいないですし、バレーボールでいうリベロのように守備だけで良い選手もいません。
つまり総合的に選手として評価されることで出場時間が左右することがあるの理解できています。

勝負において重要な場面で結果を出す。
簡単なことではないことを成し遂げる選手は評価も上がるべきなのだろう。

そのあたりずっと葛藤しています。

こういったニュアンスで固められた言葉って日本語は多いように感じています。
うまく評価する上で整理できればいいですよね。

結局、勝負強いって何ですか?笑


地味に頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました