最後の一言。試合前に常に意識し続けてきた3つのこと。

選手の気持ちの高ぶりがピークを迎える瞬間ではないだろうか。
試合前の円陣はそれぞれの選手の表情、仕草など細かく見ることで、どういった状態であるかを確認する作業でもあります。

もちろんアップから選手の動きには目を向けていますが、緊張感が高まるときほど注視しています。

そして試合前の最後の一言として選手たちにかける言葉で意識し続けてきたことが3つあります。

1️⃣ ポジティブな言葉

2️⃣ TOPICを入れる 

3️⃣ 熱量      

1️⃣ 選手によっては緊張から不安もあるでしょう。そこを補うようなポジティブな言葉を並べます。
やってきたことを信じて自信を持たせてあげることが大切です。
失敗を恐れずチャレンジできるように背中を押してあげます。

2️⃣ 現状の順位は?勝ったらどうなる?試合に来れない選手の思いは?ファン、サポーターは?対戦相手との関係性は?
その試合ごとにTOPICとなるものを添えて一体感を生み出したいと考えています。

3️⃣ 何より監督の自分自身がこの試合に勝ちたいという強い意志を言葉に乗せます。
負けたら全部責任取るからぶちかましてこい!くらいの温度感です。笑


と円陣の時に選手の顔を見ながら言葉を選定して自身の温度感もコントロールしながら伝えています。

試合前に個人のルーティンとして行う最後の作業が「最後にどんなことを伝えてコートに送り込むか」です。

それだけ大事にしている瞬間でもあります。

来季も試合前の最後の最後までこだわって選手を送り込みたいと思います。


地味に頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました