今季の過ち。ピークの作り方 。

Sponsored Links

今季のトレーニングも残すところ3回。

そんな時期に関わらずチームとしてピークを迎えているように思います。

選手のコンディション、チームとしての成熟度、技術・戦術の再現性の高さ。

毎年チームのピークをもう1ヶ月くらい早い時期に持ってきていた。

リーグや選手権など佳境を迎えるところで最高のパフォーマンスを発揮してもらい、勝ち上がればモチベーションとなる大会が設定される。

あとは精神的にもそこを目指して、心身共に押しきることでシーズンを終えていた。

今季この1ヶ月の遅れの要因はシーズン序盤にあった。

怪我人が増え、またチームを併用している選手もいて、納得いくトレーニングを遂行できなかった。

夏が過ぎ、怪我人が戻り、併用していた選手たちもバッファローズに専念できたことでトレーニングに安定感が出てきた。

しかし、退団者が増え、また不安定さが出てきた。

その中でも、選手のモチベーション、コンディションをマネジメントしながらピークを理想の時期に持ってきたかったが、難しかったです。

自分の力不足です。

反省しかありません。

12月1週に選手権、関東リーグと2連敗したものの、その後、関東リーグ2連勝、育成リーグ2連勝となり公式戦4連勝で今季を締めくくりました。

この学びを来季に繋げなければ意味がありません。

必ずリベンジします。

地味に頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました