選手の進むべき道。岐路に立たされた時に考えるたった1つのこと。

悩み多き時期

様々な決断が訪れる時期。
シーズンが途中のチームでも来季については嫌でも考えないといけなくなる。

ハイパフォーマンスを続けている選手はより良い環境を求めたり、さらに良い条件でチームを継続したいと考える。

逆に満足いかないシーズンを送っている選手は悩みが絶えないことだろう。
チームでどうすれば満足できるのか、チームを離れた方がいいのか、そもそもフットサルを競技で行うことをどうするか。

様々なことを考え眠れない夜を過ごすこともあるでしょう。

考えることはただ1つ

今後について悩まず結論が出せる選手はそれを信じて突き進むのみです。
でも、どうしても選択肢がある中で結論に至らない選手もいます。

そんなときに考えることはただ1つです。

悩みに悩んで結論が出ないということは、どの道を選んだとしても選ばなかった道に対して後悔することになるでしょう。

やっぱりあっちが良かったかな、、、と。

とすれば、好きなこと・やりたいことをやって後悔した方が良いです。

本当に自分が好きなことは何なのか、本当にやりたいことは何なのか。
再度冷静に考えてみてください。

結論が出せたのであれば、あとは後悔ありきで突き進んでみてください。

今後も少しでも選手の力になれればと思っています。



地味に頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました