フットサル情報を収集するにはこのサイト。おすすめフットサル専門サイト5選!

情報化が進んでいる現代では、昔と異なり雑誌や書籍から情報を得るよりPC、スマホから情報を得る方が多くなっている。
フットサルという競技に特化したサイトはどのようなものがあるのでしょうか。

個人的なおすすめサイトを5つ紹介していきます。
関東圏に特化したものもありますが、関東在住のため悪しからず、、、。

Sponsored Links

FUTSAL EDGE

■サイト
https://www.futsaledge.jp

■制作・運営
株式会社ユーロプラスインターナショナル
https://www.europlus.jp

Fリーグはもちろん、代表、女子、地域にもフォーカスした競技フットサルの総合的サイト。
インタビューやコラムもあり内容に富んだ構成となっている。

またFUTSALEDGE主催となり指導者講習会なども実施、多くの参加者を集めている。

株式会社ユーロプラスインターナショナルが運営していることもあり、海外留学、海外移籍などもコラボして手がけている。
情報発信兼選手のチャレンジをサポートする総合サイトと言える。

FUTSAL X

■サイト
https://www.futsalx.com

■制作・運営
スタジオコンチーゴ株式会社
https://www.s-contigo.com

こちらも代表、Fリーグ、育成年代、女子、海外など幅広くコンテンツを持っている国内最大級のフットサルサイト。
Fリーグ所属チームの情報が網羅されており、玄人好みのサイトであるように感じる。
特に代表活動に関しては、強化合宿中、大会期間中などコンスタントに記事がアップされるので代表ファンには欠かせないサイトと言える。

更新頻度も高く、常に情報がアップグレードされるところも魅力の1つです。
数は少ないが小学生年代の情報もアップされており、全ての競技カテゴリーの情報を網羅している印象である。

フットサル全力応援メディア SAL

■サイト
https://f-sal.com

■制作・運営
株式会社イミオ
https://imio.co.jp

Sfidaで有名な株式会社イミオが運営するサイト。
Fリーグを中心に記事の多さが特徴。またスタッフも充実しており、様々な視点からFリーグを捉え発信している。

WATCH見る・PLAY着る・WEAR着る と3カテゴリーに分かれていて、サイトを訪れた人の需要に合わせて情報を得ることができる。
また「WEAR着る」が入っているのがSALらしいと言うべきであろう。

フットサルはサッカーよりファッション性の強いスポーツの印象である。
“オシャレに蹴る”
そんなところに注目する若い人たちも多くいるはずであり、好まれるサイトと言える。

Futsalstyle

■サイト
http://www.futsalstyle.com

■制作・運営
Futsalstyle
代表 折橋 拓摩
http://www.futsalstyle.com

東京都で競技フットサルをしている人で知らない人がいないサイト。
当初、東京都に特化して展開していたサイトであるが今は地域を広げ関東圏のリーグ情報、ソサイチ、イベント、ブログなど細かく掲載されている。

スタッフ、カメラマンが東京都リーグに帯同して、インタビュー、速報などを行うのもこのサイトの魅力である。
それにより選手たちのモチベーションも高められている印象が強い。

個人的にも東京都リーグに所属している時は大変お世話になったサイトである。

futsalR

■サイト
http://futsalr.com

■制作・運営
掲載なし

育成年代にフォーカスしたフットサル専門サイト。
小学生〜高校生の競技フットサルの大会日程・結果を中心に情報が詰まっている。

インタビュー、セレクション情報、体験練習会などの情報も掲載されており、育成年代に特化しているからこそ需要が高いコンテンツと言える。

このサイトには、「競技フットサルをメジャースポーツにしたい」、そして「フットサル選手をプロフェッショナルとして成り立たせたい」という思いが詰まっている。
華やかではないかもしれないが育成年代にフォーカスを当て、次世代の選手たちが継続してフットサルをプレーするにはこのようなサイトの役割はすごく重要なのだと思う。

ここで掲載されている選手たちが数年後、Fリーグ、代表と活躍することを願っています。

最後に

他にも都道府県にフォーカスして運営しているサイトもあります。
現在、フットサル専門雑誌は姿を消しました。だからこそ、Webサイトが多くの情報を世の中に拡散してほしいと考えています。

一人でも多くの方にフットサルの魅力が届きますように。


以上、お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました