”本気”で取り組むとは。

F下部組織で育てば、誰しも応援席からサポーターと共にトップチームを見てきた経験はあるだろう。

そこから見える景色は、憧れなのか。
選手によっては悔しさを覚えながら応援をすることもあったかもしれない。

強い思いを持って取り組んだ選手たちはその数年後に自分自身がその場に立つことになる。
しかし、限られた選手のみしかその場に立つことは許されない。

大切なことは”本気”で目指すかどうか。
そこを目指すとあらゆるものが犠牲になることがある。
犠牲にすることを正当化したくはないが、何か大きなものを掴み取るには、それ相応に犠牲になるものが出てくるのは必然だろう。

中途半端な取り組みは中途半端な結果しか生まない。
そんなことを日々感じています。

日本のトップレベルのリーグに所属できるチャンスが目の前にある。
もう一度自分たちの”本気”とは何かをしっかり考えさせたい。
そして自分自身もそういった選手たちの指導者として”本気”で取り組めているのか再度見直したい。

1人でも多くの選手がFリーグの舞台で活躍することが何よりも自身のモチベーションとなるから。



地味に頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました