”自身”の変化を”自信”へ。

自身の変化を感じることができるとモチベーションが高まります。

例えば、技術。

小学生で言うならば、

リフティングが10回しかできないのがトレーニングを重ねることで50回できるようになったらこの人の心理はどうなるでしょう?

有名選手のかっこいいフェイントができるようになり、DFを置き去りにできたら?

今までゴールを取れなかったけど、ハットトリックを達成できたら?

できなかったことができるようになることで選手のモチベーションが上がるでしょう。


高校生、大学生くらいになると、フィジカルでも同様のことがある。

当たり負けしなくなった。

スピードが速くなった。

持久力が付いた。

パッと見た感じ体が大きくなった。

変化に気づけるとモチベーションは高まります。


フットサルだと、戦術理解もあるだろう。

停滞していたパス&ムーヴが潤滑になった。

効果的なブロックでゴールを奪えた。

意図的に相手を動かして効果的なスペースを活用できた。

こうなると純粋にフットサルが楽しくなる。


自身を変化させるには継続した努力が必要です。
一時的な努力では変化は起きません。

フットボールにおいて”ある日突然”上達することはないでしょう。

継続した努力により、必ず自身に変化が現れます。
その変化を見逃さないようにしましょう。

”自身”の変化を”自信”としていくべきです。

どんなプロだって初めは素人。
プロになるのは継続した努力があるから。

自分が変わるまで努力し続けよう!

、、、自戒の念を込めて。



地味に頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました