育成年代

Sponsored Links
育成年代

育成年代におけるフィジカルトレーニング。

速効性はないけど、未来を見据えて積み上げていきます。 高校生年代のフィジカルトレーニングは、取り組んだ分だけ成長する。
育成年代

指導者であり教育者。

中学生、高校生の年代はフットサルを指導することよりも教育的視点(社会性、人間性など)を指導する割合の方が多いように感じています。
育成年代

最後に笑うために。

育成年代の選手たちにとって試合に勝つことが正解だと限らない。 よく指導者界隈で聞かれる言葉。
育成年代

育成年代4年目。

中学生、高校生の指導に本格的に携わること4年目。 この年代における指導の難しさを改めて痛感しています。
育成年代

発展途上のクラブ。

育成年代におけるフットサル専門のカテゴリーを立ち上げて4年目。
育成年代

U-15からU-18への橋渡し。

育成年代の指導者として次のカテゴリーへ繋げることはとても大切なことです。
育成年代

指導のゴール。

人生においてフットサルは全てではありません。 フットサルを通じて人生が豊かになること、そして、フットサルをツールに生きる力を身につけること。
育成年代

全日本U-18。

先日、全日本U-18フットサル選手権大会 神奈川県大会がありました。 自身としては初めて参加させてもらった大会。
育成年代

育成年代における”楽しさ”とは。

育成年代は勝つことが全てではない。 でも、選手は勝つことでフットボールを楽しめる。
育成年代

寝食を共にする。

育成年代で"立ち上げ合宿"を開催しました。 目的としては、学年内のコミュニケーションと学年を越えたコミュニケーションを活性化させること、2泊3日フットサルに注力しチーム力を強化することとしました。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました