育成年代

Sponsored Links
育成年代

構想と野望。

フットサルという競技を育成年代から変えていきたい。 そんな思いを抱きながら6年前にフットサルカテゴリーを立ち上げました。
育成年代

育成年代からの積み上げ。

フットサル日本代表はアジアカップを予選敗退したことでワールドカップへの出場権を逃すことになりました。
育成年代

フットサルを多角的に捉える。

育成年代において様々な指導者からフットサルを学ぶことは大切だと捉えています。
育成年代

表彰に値するクラブ。

先日、神奈川県フットサル連盟主催の年間表彰式に参加しました。 こういう価値ある場に招待されたことに感謝を忘れず、今後も呼ばれるように最善を尽くしていきます。
育成年代

「困難」と感じるハードル。

現代の世の中は昔に比べ、とても便利になり、スマホの普及で若い世代でもあらゆる情報を手に入れることができます。
育成年代

海外遠征、終了。

無事タイより帰国しました。 5泊6日という短い期間でしたが、とても濃厚な時間を過ごすことができました。
育成年代

刺激と学び。

異文化に触れ多くの刺激を受けている選手たち。 個人的には以前からタイというフットサル文化が根付いている国にとても興味がありました。
育成年代

フットサル文化の違い。

タイ代表 vs アフガニスタン代表 以前よりタイのホームゲームは一度観てみたいと思っており、念願叶って実現しました。
育成年代

タイ遠征 3日目。

育成年代を率いてタイに来て3日目。 選手はみんな元気です。
育成年代

海外遠征。

新U-14、新U-15の選手たちを引き連れて海外遠征に来ています。 フットサル選手としての成長と人間性の向上を目的としてタイに来ています。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました