対人トレーニング。

いよいよ対人トレーニングを開始しました。

条件を付け強度の調整をしながらになりますが、球際の制限を解除した状態で行っていきます。

またゴレイロへのシュートも安全面から条件を付けていましたが、ここも解除していきます。

ここを想定どおり乗り越えれば、いよいよ戦術的負荷も高めていく段階です。

フィジカル的負荷+戦術的負荷が高まると選手のストレス(疲労)は今まで以上に高まってきます。

ほぼシーズン中のトレーニングと同様の内容で取り組んでいくことになります。

もちろん身体接触の頻度が多くなるので、感染防止への配慮も忘れてはいけません。

トレーニング前後の手洗い・うがいはもちろんですが、トレーニング中も必要であれば行う予定です。

そして、近日の気候を考えると”暑さへの適応”も配慮しなくてはいけません。
まだ暑さへ慣れていない時期と自粛明けでコンディションが下がっている時期が重なっているので、熱中症など気をつけなければいけません。

また朝練により睡眠時間なども懸念されます。

コンディションを整えるのにあらゆる障害がありますが、しっかりシーズン戦う体を作っていく意味で非常に重要な時期だと捉えています。

全員が自分の体に目を向けていけるようコントロールしていきます。



地味に頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました